サンマ

脂のりがよく群度も抜群
三陸沖を代表する秋の味覚

サンマは、北上し千島沖で餌のプランクトンを食べて成長し、産卵のために三陸沖を南下してきます。この時期のサンマは、脂ものり、最もおいしいといわれています。本県では10月が最盛期です。また、サンマにはDHA(ドコサへキサエン酸)やEPA(エイコサペタエン酸)が豊富に含まれているほか、野菜や果実では摂取することができないビタミンB12を含んでおり、健康食として注目されははじめています。

sanma_1_2

【情報提供】食材王国みやぎ http://foodkingdom-miyagi.jp

[cft format="7"]

宮城県, 海産物カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です