伊東順二_1_Ss

ごあいさつ
「風景と心の修景および創景事業」は東北地方で失われた故郷の風景をたくさんの断片的な記憶から映像表現作品として再生しその美しい思い出をみずみずしく保っていこうという企画です。心の中に残る風景は私たちの文化の基盤です。つらい時間の向こうにあったのは長い歴史に育まれた美しい人と自然の調和でした。

その記憶を生き生きとよみがえらせることで皆さんとともに新しいふるさとの創造にもヒントと貢献を提供したいと思っています。

東京藝術大学 社会連携センター・特任教授 伊東順二

311_4years_button

地図から記事を探す

最新の記事

私の風景観 猪子寿之

まだ見ぬ風景 まだ見ぬ風景いまどこにいて、ここにいる理由すらも分からない、永遠と続いて、どこに行っていいかすら分からない、さまようような世界。地面がいったいどこで、行き先はどこかすらも分からない、いろんなことがよく分から […]

私の風景観 大墻 敦

地平線への想い 地平線への想い一番覚えているのは、NHKに入って最初に配属になった釧路放送局で行った別海町の風景。どこまでもどこまでも続く長い道路があって、牧草地があり、地平線が見える、そういう風景が自分の中でとても大切 […]

国家公務員宿舎東雲住宅

5月7日(木) 国家公務員宿舎東雲住宅 「8ミリフィルムの上映会」  一部 「昔を語る会」(20世紀アーカイブ仙台:坂本英紀)  二部 「よみがえる浪江町」(監督:三好大輔) 上映 ゴールデンウィーク明けの5月7日、快晴 […]

3.11 震災から4年目を迎えて、私たちができること

本日3月11日、東北地方に大きな被害をもたらした東日本大震災から4年の月日が経ちました。 私たちはこの事業での風景の収集・記録を通じ、震災の被害にあった方から多くのおはなしを伺いました。その時起こったことと今の生活、自分 […]

以前のイベント