日本のソウルソング民謡

本団体も新年度を迎えるにあたり、発掘映像の裏付けと復興進捗を体感しに仙台へお邪魔してきました。今回はそこで大変貴重な経験をさせていただいたので報告させていただきます。

場所は仙台駅のそばのおばちゃんという居酒屋

ここでは店主夫婦のお兄さん、おねぇさんが民謡を生演奏してくれます。地元のうまい肴をつまみながらおねぇさんの民謡とお兄さんの迫力満点の津軽三味線!曰く、津軽三味線は打楽器である!迫力に圧倒されながら、納得せざるを得ませんでした。

当日は民謡の若手ホープも打ち合わせのためにいらして、美しい聴かせていただきました。

何なんでしょう、この日本人のDNAに刷り込まれたリズム感。日本全国にある民謡、どれも日本の国土と人々が生み出したかけがえのない文化であることを再認識しました。

ときには悲しく、ときには切なく、とには楽しく、ときには力強い!

わすれてはいけない風景を伝える貴重なもののひとつでした。

スタッフブログ, 現地調査カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です