私の風景観 舘鼻則孝

コントラスト原風景

コントラスト原風景

自分にとっての原風景は、生まれ育った鎌倉の町。それから両親の実家のある東京も浮かびます。寺社仏閣のある鎌倉と、祖母の家に行けば新宿の都会。その二つの場所が織り成すコントラストが、自分にとっての最初の風景です。海外での仕事が多い今、逆に自分が行きたい場所は、大都市よりも日本の地方だったりします。日本の地方を回るようになった自分が好きですが、それは、もともと持っていたのだろうけれど今足りていない自分のピースを集めているような感覚があります。

舘鼻則孝(たてはな のりたか)

アーティスト

1985年、東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。
シュタイナー教育に基づく人形作家である母親の影響で幼い頃から手でものをつくることを覚え、15歳の時より洋服や靴の制作を独学で始める。東京藝術大学では絵画や彫刻を学び後年は染色を専攻し、花魁に関する研究とともに日本の古典的な染色技法である友禅染を用いた着物や下駄の作成をする。
2010年自身のファッションブランド「NORITAKA TATEHANA」を設立。全ての工程が手仕事により完成される靴はファッションの世界にとどまらずアートの世界でも注目されている。
LADY GAGAやDAPHNE GUNNESSに作品が愛用されているということでも知られる。

インタビューカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です