伊東順二_1_Ss

ごあいさつ
「風景と心の修景および創景事業」は東北地方で失われた故郷の風景をたくさんの断片的な記憶から映像表現作品として再生しその美しい思い出をみずみずしく保っていこうという企画です。心の中に残る風景は私たちの文化の基盤です。つらい時間の向こうにあったのは長い歴史に育まれた美しい人と自然の調和でした。

その記憶を生き生きとよみがえらせることで皆さんとともに新しいふるさとの創造にもヒントと貢献を提供したいと思っています。

東京藝術大学 社会連携センター・特任教授 伊東順二

311_4years_button

地図から記事を探す

最新の記事

ノリ

寒流と暖流が育てる 日本最北のノリ 色、つや、香り優れる極上品 親潮と黒潮が交錯する世界三大漁場のひとつである三陸沖。その恵みを受けた仙台湾のノリ養殖は、国内主産地では最北に位置します。寒流(親潮)の影響を受け養殖される […]

ケムシカジカ(ボッケ)

個性的な姿と抜群の旨み 隠れた人気の底漁 主に水揚げされる七ヶ浜町では「ホッケ」と呼ばれています。いかつい姿で体はごつごつしていますが、骨以外の部位はすべて食することができ、なかでも魚肉は白身で淡泊な味をしていて、刺身で […]

マダコ・ミズダコ

三陸沖の荒波でもまれ育つ 極上三陸ブランド 宮城県南三陸町沖は全国的に知名度が高い漁場です。冬季のみ水揚げされるマダコは、全長60cm、体重3~5kgの小ぶりなタコ。身がしまり歯ごたえのよさが好評。「志津川ダコ」としてブ […]

マアナゴ(ハモ)

煮てよし、焼いてよし 奥深い味わいを醸し出す マアナゴを「ハモ」と呼ぶ宮城県では、春になると「ノレソレ」と呼ばれる稚魚が太平沿岸に現れます。県内有数の漁獲量を誇る石巻市古渕浜では6~12月にかけて「ハモ胴」という仕掛け( […]

以前のイベント

コンソーシアム活動報告ブログ