おしらせ

伊東順二_1_Ss

ごあいさつ
「風景と心の修景および創景事業」は東北地方で失われた故郷の風景をたくさんの断片的な記憶から映像表現作品として再生しその美しい思い出をみずみずしく保っていこうという企画です。心の中に残る風景は私たちの文化の基盤です。つらい時間の向こうにあったのは長い歴史に育まれた美しい人と自然の調和でした。

その記憶を生き生きとよみがえらせることで皆さんとともに新しいふるさとの創造にもヒントと貢献を提供したいと思っています。

東京藝術大学 社会連携センター・特任教授 伊東順二

311_4years_button

地図から記事を探す

最新の記事

メバチマグロ

三陸沖より直送される「ひがしもの」 厳選されたメバシマグロの最高級品 初秋から冬にかけて、三陸東沖で漁獲され塩 […]

ギンザケ

宮城県志津川湾の水温がギンザケの成長に適していることから、養殖業が盛んに。ふ化した稚魚は山間部の清らかな淡水で […]

マガキ

水揚げされたカキは、すぐに「万石浦鮮かき工場」などの沿岸の加工場に運ばれ、殻むきを行います。手作業でひとつずつ […]

コンサート「光一命」

「東北の文化・暮らし」をテーマに、東北で収集された映像にインスピレーションを受けて藝大生が数曲作曲し、2015 […]

以前のイベント

コンソーシアム活動報告ブログ

東北を知る