3.11 震災から4年目を迎えて、私たちができること

本日3月11日、東北地方に大きな被害をもたらした東日本大震災から4年の月日が経ちました。 私たちはこの事業での風景の収集・記録を通じ、震災の被害にあった方から多くのおはなしを伺いました。その時起こったことと今の生活、自分 […]

コンサート「光一命」

「東北の文化・暮らし」をテーマに、東北で収集された映像にインスピレーションを受けて藝大生が数曲作曲し、2015年2月4日、「風景と心の復興∞」(せんだいメディアテーク)にて映像と共に演奏しました。本映像はそのダイジェスト […]

大船渡を描いた水彩画アニメーション「HOME」

東京藝術大学の学生・卒業生有志が何度も東北を訪れて五感で空気を感じ、その場所で暮らす方々の話に耳を傾け、また、かつての風景の写真や映像を見て、未来の風景を想い制作した。 タイトル大船渡を描いた水彩画アニメーション「HOM […]

コンサート「海へ、そして夢に」

「風景と心の復興∞」オープニングのために依頼・作曲された、2015 年2月2日初公開の松下功藝大副学長による「海」をイメージし創作した楽曲と、美しい東北沿岸部の映像が贈るコンサートです。弦楽器やフルート、ハープ、ヴィブラ […]

開催中:展覧会「よみがえる大船渡」(大船渡市立博物館)

大船渡の失われた風景を収集した断片的な記録から芸術作品として再生し、その美しい思い出をみずみずしく保ち、その記憶を生き生きと蘇らせることで、新しい風景とふるさとの創造に貢献したいという東京藝術大学社会連携センターと大船渡 […]

「風景と心の復興∞」プログラム 2015.2.4

10:00 – 11:30 1F オープンスクエア 事業発表とディスカッション「記憶を活かしたまちづくり」 第一部「過去をつむぐ復興―文化・こころ・記憶の収集」 ・一般社団法人 MMIX Lab /アートで記憶 […]

「風景と心の復興∞」プログラム 2015.2.3

10:30-11:30 1F オープンスクエア 昔を語る会「仙台市電が走っていた頃の仙台」 昔の生活風景の映るフィルムをみながら、当時の暮らしにまつわる道具などをもとに思い出を語り合います。”かつての仙臺”の映像 […]

「風景と心の復興∞」プログラム 2015.2.2

オープニングセレモニー16:00- 1F オープンスクエア 開会挨拶 「風景と心の修景および創景事業」について 事業説明:伊東順二(東京藝術大学社会連携センター特任教授) 当事業は失われた東北の風景を収集した断片 […]

馬ノ墓の種蒔桜

高さ15m、樹齢およそ300年のベニヒガンザクラ。周囲には田畑が広がり、この桜の開花を目安に種まきが行われたと言われている。 場所福島県会津美里町、馬ノ墓 撮影日時2014年4月25日 座標37.440404 […]

鶴ヶ城の桜

会津若松市のシンボルで戊辰戦争では一ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城。およそ1000本の桜が咲き誇る。 場所福島県会津若松市、鶴ヶ城 撮影日時2014年4月23日 座標37.488110, 139.92965 […]