伊東順二_1_Ss

ごあいさつ
「風景と心の修景および創景事業」は東北地方で失われた故郷の風景をたくさんの断片的な記憶から映像表現作品として再生しその美しい思い出をみずみずしく保っていこうという企画です。心の中に残る風景は私たちの文化の基盤です。つらい時間の向こうにあったのは長い歴史に育まれた美しい人と自然の調和でした。

その記憶を生き生きとよみがえらせることで皆さんとともに新しいふるさとの創造にもヒントと貢献を提供したいと思っています。

東京藝術大学 社会連携センター・特任教授 伊東順二

311_4years_button

地図から記事を探す

最新の記事

0J2A5907

日本のソウルソング民謡

本団体も新年度を迎えるにあたり、発掘映像の裏付けと復興進捗を体感しに仙台へお邪魔してきました。今回はそこで大変 […]

kengo_kuma

私の風景観 建築家 隈研吾

風景は過去・現在・未来をつなぐきっかけ 隈研吾 建築家。東京大学教授。東京藝術大学客員教授。主な作品に、那珂川 […]

hirose

私の風景観 廣瀬禎彦

新しい風景 新しい風景 原風景を懐かしむことも大事だが、風景は時代とともに変わっていくもの。自然を大きなキャン […]

senju

私の風景観 千住 明

風景と時間 風景と時間 音楽家は時間をつくる職人。音楽家として、思い浮かぶものとか、具体的なビジュアルイメージ […]

以前のイベント

0719「昔を語る会@大船渡」2

昔を語る会(蔵ハウス大船渡)

昨年収集した大船渡の映像を活用した「よみがえる大船渡」の上映と「昔を語る会」を実施。当時の町や暮らしの様子につ […]